移動がスムーズな注文住宅の間取り

移動がスムーズな注文住宅の間取り

注文住宅を建てる方の中には、介護を考えた設計を重視するケースもあるはずです。その場合には、体の不自由な方でも建物と屋外との出入りや、日常生活での室内間の往復において、いかにスムーズに移動できるかが大事なポイントになります。そんな注文住宅の間取りの工夫を考えるならば、まず段差を可能な限り無くすことが大事。関から室内へ続く段差、または室内の段差に対しては、スロープや手すりなどを設置して解消しましょう。こうすることでスムーズな移動だけでなく、つまずきによる転倒の防止にも役立ちます。次に考えたいのが、どの間取りもできるだけ広いスペースを確保することです。日頃から車椅子や介護ベッドを使用している家庭の場合、スペースが狭いとそれだけで移動や介助に様々な支障をきたします。したがって玄関や廊下をはじめ、トイレや浴室などの水回りを中心に、できるだけ広めのスペースを設計しておくことが求められるでしょう。ちなみに玄関は幅120cm以上、廊下は幅90cm以上、トイレは幅150cm以上、浴室は幅180cm以上を確保するのが理想です。

注文住宅の設計に向けて動線をシミュレーション

注文住宅の購入を検討する際、多くの人は素敵な外観を最初にイメージします。それ自体に問題はありませんが、実際の生活をシミュレーションしておかないと、入居してから住みづらさを感じることになりかねません。そこでポイントになるのは、日常生活における動線を明らかにすることです。住まいの中でどのようなルートで移動するのか検討してみましょう。空間を広く確保しても、意外と実際に通る範囲は狭いものです。だからといって、安易に空間を狭めることは得策ではありません。なぜなら、そうなると同じルートを通る人がいるときに、順番待ちが発生してしまうからです。そのような状況だと、暮らしの中で徐々にストレスが溜まっていくことを避けられません。子供がいる場合は成長に伴ってすれ違えなくなることも多いです。事前に動線が分かっていると、最適な空間の設計を行えるようになります。それこそが注文住宅の強みであり、将来の家族構成まで踏まえたルートに対応できます。

茨城の注文住宅はこちら!に関する情報サイト
住みやすい注文住宅

このサイトでは、初めて建てる人でも安心して計画を立てられるように、前もって知っておいた方が良い注文住宅の知識を紹介しています。住みやすい家づくりを行うためには、ある程度の知識は身につけておかなければなりません。ポイントと言えるのが家の中を移動するのが苦にならないような作りであり、スムーズな移動ができる造りについても解説していますし、暮らしやすさを向上させる立地に関する情報も掲載していますので、参考にしながら準備を進めましょう。

Search