初めて建てる人でも安心!住みやすい注文住宅の実現に欠かせない知識を紹介

住みやすい注文住宅を作るためのコツを知っていれば、初心者でも安心して計画を進められます。
注文住宅づくりで最も重要だといわれることの一つに動線に配慮した間取りがあります。
間取りを決める時には見栄えを気にしてしまいますが、実は一番気にしなければならないのは日々の生活を楽にできるかという点です。
生活動線や家事動線を考慮した間取りにすることで、暮らしが効率的になり作業も楽になりますので、そこに住む人の満足度も上がります。

注文住宅が建売住宅より優れているポイント

これからマイホームを手に入れようと考えている方の中には、新築の注文住宅を建てるべきか、既に完成している建売住宅を購入すべきか、迷っているケースも見られます。
そこで注文住宅が建売住宅より優れているポイントを知ることで、後で参考になるかもしれません。
まず注文住宅は設計の自由度が高いことです。
土地をはじめ間取りやデザインなどを自由に選ぶことができるため、家族構成やライフスタイルに合わせて、理想の住まいを実現することが可能です。
特に子どもの成長や介護など、家族構成やライフスタイルが将来的に大きく変化することが予想されるならば、まさに注文住宅が最適でしょう。
また満足度が高いことも、優れたポイントと言えます。
自分たちのニーズや好みにマッチした家づくりができるほど、満足度も高くなる傾向があります。
そして忘れてはならないのが、資産価値を高めることが可能なこと。
デザインや間取りあるいは設備など、家のあらゆる部分に付加価値を高めることができるため、将来的に有利な売却を狙った設計が可能です。

注文住宅を多く手掛ける設計事務所の見つけ方

理想通りの注文住宅を建てるためには、好みに合うようなデザインを手掛ける設計事務所を探す必要があります。
規模が大きい方が良いというわけではなく、これまでのデザイン例を見て建てたいと考えているような注文住宅に合致しているかがポイントです。
設計事務所では、これまでに作成した設計が簡単に見られるようにしており、ホームページからでも確認できます。
実際に足を運ぶことになれば、事務所内に保管されているデータも見ることができますので、それらを確認した上で依頼しても大丈夫なのかを考えることが大切です。
判断に迷う時には、条件や好みを伝えてデザイン案を出してもらうのもおすすめです。
案を出してもらえば、期待通りの家づくりができるところなのかを判断できます。
さらに重要になるのがこれまでに手掛けた数であり、多ければ多いほど安心して任せられます。
実績の多い事務所では、良い宣伝になりますので、その数を公開しているはずです。

注文住宅を依頼する建築会社の選択基準

注文住宅を建てるときには、自分の理想の家を実現できる建築会社を選ぶことが大切になります。
その選択基準についてまず重要になるのは、注文住宅に係る自分の希望条件を整理すべきであるという点です。
予算やデザイン、構造など重視するポイントを明確にしておくようにしてください。
その上で、インターネットや住宅雑誌等で情報収集を行い、条件に合った会社を探します。
次に、建築会社の種類について知っておくことも重要です。
大きく分けてハウスメーカーと工務店の2種類があり、そのうちハウスメーカーは全国展開している会社が多く、規格化された製品や工法を用いて高品質かつ低コストで家を建てることができます。
一方、工務店は地域密着型の会社が多く、オーダーメイドで自由度の高い家づくりが可能です。
どちらが自分に合っているかは、予算やデザイン、構造などの希望条件によって異なるので状況に応じて選ぶようにするのがおすすめです。
最後に、信頼できるところを見極めるチェックポイントとして、「住宅完成保証制度」への加入状況を確認しましょう。
これは万が一建築中に倒産してしまった場合に備えた制度で、加入していることが信頼性の証となります。

注文住宅の購入に向けて家族の希望をチェック

施主が主導的にプランの構築を進めることが、スムーズに注文住宅を建てるための基本です。
ところが家族の意見を聞かなかったために、後になって後悔することがあるのも事実です。
そのためにハウスメーカー探しや資金調達で施主がリードする場合でも、子供たちの意見も丁寧に聞く必要があります。
数多くの注文住宅がある展示場に行くと、家族一人一人の理想の住まいの姿も明確になります。
一方で一人一人の意見をすべて反映させようとすると、面積が広くなって予算をオーバーすることも多いです。
優先順位をつけて設計することが、無理のない範囲で理想のマイホームを実現するためのポイントです。
お洒落な外観をこだわる人もいますが、設計や建築費用の押し上げ要因になります。
シンプルで機能を重視した間取りと設備の配置にすると、低予算でも完成した住まいへの満足度は高まります。
ヒアリングを丁寧に行うハウスメーカーのサポートで、より良い家づくりが行えます。

トレンドを意識して注文住宅のデザインを決定

注文住宅では、時代の流れに適したデザインを導入していくことが非常に重要です。実際に、こういったトレンドを用いて設計をしていかないと周囲との差別化を図ることができなくなってしまいます。一般的に、注文住宅というのは世界に一つだけのオリジナリティが存在する住宅設計を進めていくことに大きな強みが存在します。当然、他の住宅と差別化を図ることができないと規格住宅と変わりがなくなってしまいますので意味がありません。トレンドというのは、常に変化するものであるため家族構成やライフステージに適した形で導入していくということが非常に重要です。その時代に適したものを利用しておけば、少なくともオリジナリティがありながら周囲との調和を計った内装や外観に仕上げることができるようになるからです。実際に、その時代の流行を取り入れることで海外で人気があるようなデザインを取り入れることも出来るため文字通り他にはない物件を購入できます。

街並みとの調和を重視する注文住宅の外観

注文住宅は建売住宅に比べると自由度の高い設計ができますが、あまり奇抜なデザイン、屋根、外壁の色だと近隣と調和するのが難しくなってしまいます。 ハウスメーカー工務店などに設計を依頼する時は、住んでいる地域の街並みと調和を重視する外観に仕上げることが大事です。 屋根や外壁は面積が広いため選ぶ色によっても、家の外観や雰囲気が大きく変わってきます。 グレーやブラウン、黒などのダーク系、オフホワイトなどの明るい色は大変ポピュラーなので、近隣との景観を損ねないため人気が高いです。 注文住宅は基礎や下地処理、棟上げなどの工程がありますが、家が完成した時のイメージを知っておきたい人が増えています。 ハウスメーカーや工務店では実際に施工が終わって、完成した住宅の画像、模型などを作成できるので安心です。 奇抜な色、デザインにしてしまうと近隣から苦情が来ることがあるため、街並みとの調和を重視する施工を行っています。 門や塀などのエクステリアを設置することで、プライバシーを守れます。

注文住宅の建築時に必要な近隣住民への配慮

注文住宅を建てるにあたって、近隣住民のお宅に挨拶回りに行くのがマナーです。家の建築は大掛かりな工事になるため、多かれ少なかれいろいろな迷惑をかけてしまうことになります。塗料の臭いや土埃、騒音などは避けることができません。また工事車両も出入りするので、工期を近隣住民に伝えてその期間トラックに注意してもらう必要があります。毒に子供のいる家庭は気を付けなければなりません。そうした旨も事前に話しておくことが大事です。足場の解体のときも、音が響く可能性があります。 注文住宅が出来上がってからもご近所と気持ち良くお付き合いしていくためにも、工事の際の配慮は欠かせないでしょう。きちんと挨拶回りをしておくことでイメージも良くなりますし、工事後の近所づきあいも円満にいくはずです。 もしも工期が延びるときは、再度挨拶回りに行って工事が長引いてしまうことを話します。業者の人と一緒に行けば、専門的な説明もしてもらえるので安心です。

注文住宅で増えているタンクレス型のトイレ

注文住宅では家のなかのすみずみまで施主の意向を貫徹させることができます。こうした注文住宅の特性を踏まえて、最近ではタンクレス型のトイレをオーダーする場合が増えてきています。タンクレス型のトイレというのは、文字通り洋式トイレの背面にある洗浄水を貯蔵するためのタンクがないものを指しています。これらはデザイン性が高いほか、トイレの室内空間を広く活用することができるといったメリットがあります。注文住宅で狭小なスペースにトイレを設置したい場合などにも、こうしたスタイルは大きく役立つはずですが、逆に既存の住宅にリフォームなどを通じて後付けをすることはできない場合もあります。基本的にタンクがないところから洗浄水は水道から直接取得し、水圧をもって便器の表面を洗い流す方法をとりますので、水圧がもともと低い場合には設置不可能ですし、排水方法が合わない場合にも同様といえます。そのため注文住宅の設計段階から、トイレの形式についてもよく検討しておくとよいでしょう。

高齢化社会にマッチする注文住宅の仕様

家をつくるのであれば若い時のほうが良いとよく言われていますが、退職後や70代・80代などの高齢になってから建てることにもメリットがたくさんあります。その一つに自分たちの健康や年齢やライフスタイルに応じた家を作ることが出来るというメリットです。ですから、注文住宅を建てるのであれば高齢化社会にマッチする仕様にすることが大切です。例えば、段差をなくしてバリアフリーにすることで転倒を防げますし車いすになった時でも家の中の移動を楽に行えることが出来ますし、トイレや浴室や廊下や各部屋に滑りにくい手すりを設置することで転倒防止にもつながります。2階建てよりも平屋の注文住宅がだんぜん理想的ですが、夫婦二人暮らしの場合ですと25坪で2LDKの大きさでも十分ゆっくりと快適に暮らすことが出来ますが子供が孫たちが週末ごとに良く遊びに来て、来た時には泊まって帰るというのであれば3LDKで、28坪程度が望ましいでしょう。

茨城の注文住宅はこちら!に関する情報サイト
住みやすい注文住宅

このサイトでは、初めて建てる人でも安心して計画を立てられるように、前もって知っておいた方が良い注文住宅の知識を紹介しています。
住みやすい家づくりを行うためには、ある程度の知識は身につけておかなければなりません。
ポイントと言えるのが家の中を移動するのが苦にならないような作りであり、スムーズな移動ができる造りについても解説していますし、暮らしやすさを向上させる立地に関する情報も掲載していますので、参考にしながら準備を進めましょう。

Search